1. ホーム
  2. リフォームの記事一覧
  3. リフォームの箇所
  4. 外壁
  5. 外壁塗料ファインシリコンフレッシュの仕上げの特徴と知っておきたい全知識
2019.03.19
192 views

外壁塗料ファインシリコンフレッシュの仕上げの特徴と知っておきたい全知識

このページの目次

ファインシリコンフレッシュは、日本ペイントが出しているシリコン塗料です。 耐久性が高く、光沢感があるのが特徴です。

この記事では、ファインシリコンフレッシュがもつそれぞれの特徴について詳しくご紹介します。

業者の口コミやデメリットも合わせてご紹介するので、使う上で知っておきたい情報をまとめてチェックできますよ。

ファインシリコンフレッシュの特徴

引用:takamatsu-kogyo.com/blog/tag/ファインシリコンフレッシュ/

ファインシリコンフレッシュは、耐久性が高く、光沢感のあるシリコン塗料です。

ファインシリコンフレッシュは、耐候性が高いのが特徴で、変形、変色、劣化などが起こりにくい塗料です。

塗装したときのツヤのある美しさを長期間にわたって保つことができますよ。

ツヤと光沢がある

ツヤがあり、ツルッとした光沢がある塗料です。ツヤの種類は、3分ツヤ、5分ツヤ、7分ツヤ、ツヤありの4種類があります。

塗装するときに発泡しないのでふくれがないので、外壁がきれいに仕上がりますね。

超低汚染性で汚れにくい

セラミックの特殊な技術によって、汚れに強い超低汚染性の塗料となっています。汚れが付着しにくい塗料なので、外壁の美しさを長期間にわたって保つことができます。

通常の低汚染性レベルを超えた性能となっているので、「超低汚染性」という表記がされています。

ファインシリコンフレッシュは従来のものに比べて、さらに汚れが着きにくい塗料となっているのはうれしいですね。

外壁に雨垂れのあとが付いてしまったり、黒ずみができるといった汚れを防いでくれます。塗膜表面に親水性を施すことで、水となじみやすくなっています。

これによって汚れが雨水と一緒に流れやすくなっているので、汚れが落ちやすいのです。このしくみによって、雨染みなどの汚れが外壁に着くことを防いでくれるので、建物を清潔に保てますよ。

結露しにくい

ファインシリコンフレッシュは透湿性が高く、結露しにくい塗料です。

結露すると菌が繁殖したりカビなどの原因になるので困りますよね。透湿性とは、雨や湿気を含む風を防ぎながら、湿気を外に出すことができる性能のことです。

塗膜自体に、小さな穴をつくることで湿気を外に出すことができるのです。湿気が残らないようにすることで、結露しにくい塗料となっています。

カビや藻が生えにくい

バイオ技術によって藻やカビが繁殖するのを防いでくれる性能も持っています。雨水や湿気が塗料に残りにくいので、結露を防ぐ他にカビや藻が生えるのも防ぐことができるのはうれしいメリットですね。

さらにファシンシリコンフレッシュには特殊なバイオ技術を用いてつくられていて、これによってよりカビや藻が生えにくい塗料となっています。

安全性が高い

ファインシリコンフレッシュは安全性も十分です。弱溶剤系なので、より安全な塗料となっています。鉛などの金属やホルムアルデヒドといった有害な物質が一切配合されていません。

安全な塗料なので、室内の塗装にも安心して使用できますね。

溶剤2液型なので耐久性が高い

ファインシリコンフレッシュは溶剤2液型の塗料です。

シリコン塗料には水性塗料と溶剤塗料がありますが、溶剤塗料の方が耐久性が高い塗料です。ファインシリコンフレッシュは溶剤塗料なので優れた耐久性があります。

シリコン塗料には溶剤1液型、溶剤2液型、水性1液型の3種類があります。

「溶剤」は硬化剤やシンナーで溶かす、油性の塗料のことです。「2液型」はそれぞれの材料を混ぜ合わせてから、水やシンナーで薄めて使います。

ファインシリコンフレッシュは2液型なので工程が多くて手間がかかりますが、1液型よりも2液型の方が塗料がしっかり固まります。手間がかかる分、密着性が高くて耐久性のある塗料なのです。

楽さよりも耐久性を重視したい人にはぴったりの塗料ですね。

気候や紫外線に強い

ファインシリコンフレッシュは、天候による劣化に強いという特徴もあります。

きれいに塗装した外壁が、日差し、雨、潮風などの天候によって色があせたり変色してしまってはもったいないですよね。

ファインシリコンフレッシュには、シロキサンという耐熱性や耐候性に優れた物質が含まれています。これによって天候の影響を受けにくくし、劣化に強い塗料となっています。

外壁の光沢やツヤも長持ちさせることができるので、美しい建物を長期間楽しめますね。

多くの壁材と相性が良い

たくさんの種類の外壁材に対応しています。

対応している外壁材をあげると、コンクリート、セメント、モルタル、ALCパネル、GRC板、鋼材などたくさんあります。他にも鉄、亜鉛メッキ、ステンレス、アルミなどにも塗装できるので、幅広く使用することができますね。

硬化剤を高弾性タイプに替えることもできます。モルタルなど、ひび割れが気になる外壁に使う場合などにも、対応することができます。

ニッペファインシリコンクリヤーによって、コンクリート打ちっぱなしの面の保護塗装をする工法もできます。

外壁塗装は塗料が同じでも、外壁の種類や職人のスキルによって仕上がりは大きく異なります。ファインシリコンフレッシュはきれいに仕上がりやすいので、リスクも少なくておすすめです。

どの外壁でもきれいに仕上がりやすく、外壁によって様々に対応できる塗料なので、外壁を問わず安心して塗装できますね。

価格はリーズナブル

ファインシリコンフレッシュは低価格で、リーズナブルな塗料です。

実際に業者に頼んで塗装してもらうときには下地の種類などによって変わりますが、3回塗りの合計の単価で2,600~3,200円/m2あたりと低価格なので出費がおさえられますね。

10~15年ごとに塗替えをするのであれば、この程度の価格の塗料でも十分です。

日本ペイントのサイトに掲載されている価格を以下にあげます。

  • なみがた(下塗りはパーフェクトフィラー)
    3工程:3,570円/m2
  • なみがた(下塗りはアンダーフィラー弾性エクセル)
    3工程:3,670円/m2
  • なみがた(下塗りはDANフィラーエポ)
    3工程:3,990円/m2
  • トップコート
    2工程:2,400円/m2

ファインシリコンフレッシュは3度塗りをするのが一般的ですが、業者によっては「2度塗りで工期短縮」というところもあります。

使用する塗料の量が減る分低価格で済み、工期が短縮されて早くに塗装が完了します。ですが、塗装する回数が少ない分、耐久性には欠けてしまいます。

より安くなるのは良いですが、しっかりとした耐久性のある塗装も大事ですよね。

3回塗りは2度塗りよりも高価格で期間が長くかかりますが、その分耐久性があり、きれいな外壁を長持ちさせることができます。

業者の口コミ

実際にファインシリコンフレッシュを使用した業者による口コミを、良い口コミ・悪い口コミそれぞれご紹介します。

良い口コミ

  • ツヤが良くて、仕上りがとても良いです。扱いやすい塗料です。
  • 価格も丁度いいです。10~15年ごとに塗替えをするのであれば、この価格の塗料でも十分だと思います。
  • シリコンタイプの塗料の中でも、最も人気のある塗料の一つです。
  • ピカピカできれいに仕上がるので、お客様からの評価が高いです。

悪い口コミ

  • 塗装しているときに、シンナーの匂いによるクレームがありました。
  • 2液型の塗料なので扱いが難しく、新人には扱うことができません。
  • あとからツヤを消すことができない塗料です。

ファインシリコンフレッシュのデメリット

高い評判を受けているファインシリコンフレッシュですが、デメリットもあります。

ファインシリコンフレッシュは、素人には少し扱いにくいです。2液型はどうしてもシンナーのニオイが強くなり、硬化剤を混ぜる手間もあります。

正確な混合比率でしっかりと混ぜ合わせなければなりません。プロであれば問題ないですが、初心者には難易度が高いかもしれません。

また塗料のシンナー特有の匂いもあります。

ですが塗料の中では特別匂いが強いというわけでもなく、かといってすごく少ないというわけでもありません。

ファインシリコンフレッシュと似ている塗料

引用:https://gaiheki-concierge.com/article/silicon-paint-feature/

ファインシリコンフレッシュと似ている塗料は複数あります。2液型のシリコン樹脂塗料にはとてもたくさんの種類があるのです。

2液型のシリコン樹脂塗料という部類は、それぞれの塗料の性能の差がとくに大きい部類です。

その中でもとくにファインシリコンフレッシュと性能が似ている商品は、関西ペイントの「セラMシリコン」です。

弱溶剤で2液型という性質も同じで、耐久性に優れているという点も似ています。性能の高さは、両方とも同じくらいのランクの商品です。

他にファインシリコンフレッシュと似ている塗料をあげると、日本ペイントの「ファインSi」、エスケー化研の「クリーンマイルドシリコン」、菊水化学の「ファインコートSi2」があります。

これらは、ファインシリコンフレッシュに比べると価格は安めとなっています。それと同時に性能の面も変わってきます。

JIS認定の塗料というものもあり、これは性能が良い分価格も高くなります。JIS認定の商品である分、塗料の代金に金額がプラスされてしまうので、お金のかかる塗料です。

これは規格に認定され続けるにはそれだけ費用がかかるからです。しっかりとした規格に合格している塗料なので、価格が高い分、安心して使うことができます。

セラMシリコン

引用:https://www.aims-life.com/blog/2017/07/post_108.html

セラMシリコンは、超耐候性と超低汚染をもっているアクリルシリコン塗料です。ファインシリコンフレッシュと性能が似ていますね。

セラMシリコンの特徴は、匂いが少ないことです。塗料独特の匂いが発生しにくいのです。なので、お隣さんにも気兼ねすることなく塗装することができますね。

人間の体に対してやさしい塗料でもあります。小さい子どもがいても、安心して塗装できます。

セラMシリコンⅢは、さまざまな下地に対応していて、内部・外部に関わらずどこでも塗装することができる塗料です。

柔軟な性質なので、どのような下地に対してもしっかり密着するので、剥がれにくい塗膜にすることができます。

ふくれも発生しにくい塗料なのできれいに塗装できます。

ファインSi

引用:http://外壁塗装.jp.net/現場ブログ/富津市%EF%BD%9C塩害にさらされた雨戸戸袋の塗装です%EF%BC%81/

さまざまな下地に幅広く塗装できるので幅広く使うことができます。

サイディングボード、モルタルといった外壁の他に、鉄、FRP、硬質塩ビ部などの塗り替えにも対応しているので便利ですね。

高い耐候性もある塗料です。

鉛などの金属やホルムアルデヒドが配合されていないので、環境にもやさしくて安心して使えます。

クリーンマイルドシリコン

引用:www.hanamaru-r.co.jp/works2/wall-paint/cat3/

セメント、モルタル、ALC、コンクリートなど幅広い下地に適応しています。

弱溶剤でできていることによって、下地の塗膜がどのような種類でも、優れた密着性を発揮して、しっかり密着します。

2液タイプの塗料なので、主剤と硬化剤を混ぜてから塗ることになります。

セラミックの特殊な技術によって超低汚染の塗料となっています。

耐候形1種に相当する超耐久性もあります。

ファインコートSi2

引用:https://machinogaihekitoso-mito.com/blog/7674.html

高耐候性、低汚染、防藻防カビ、弱溶剤で、匂いの弱い塗料です。

匂いが弱いので、塗装作業をするときのストレスを軽減することができます。周りへ匂いによって迷惑をかけることもないので、気兼ねしなくて済みますね。

耐候形1種に相当する塗料で、約10年間で維持率が8割以上となっています。弱溶剤型なので、水性のものや1液のものと比べて、耐久性に優れています。硬化が緻密で、強い塗膜をつくることで、耐久性が高くなります。

光沢も塗ったときの状態をしっかり保持できるので、きれいな光沢を長く保つことができます。

原料に鉛やクロムといった有害物質を含んでいないので、環境にやさしい塗料です。

こんな人にはファインシリコンフレッシュがおすすめ

とくに以下のような人には、ファインシリコンフレッシュがおすすめです。

  • モルタル外壁の建物に塗装したい人
  • コストパフォーマンスを重視したい人
  • 信頼性のある塗料を選びたい人

モルタル外壁の建物に塗装したい人におすすめ

ファインシリコンフレッシュはどの外壁とも相性の良い塗料ですが、高弾性の塗料なのでひび割れを起こしやすいモルタル外壁にはとくにぴったりです。

スタッコ壁やリシン壁にもなじみやすいです。

コストパフォーマンスを重視したい人におすすめ

比較的リーズナブルな値段で、耐久性をはじめ高性能なので、コストパフォーマンスに優れた塗料です。

信頼性のある塗料を選びたい人におすすめ

ファインシリコンフレッシュは信頼性があり安心して使える塗料です。

ファインシリコンフレッシュはシリコン塗料の中でとくに高い人気のある塗料で、最も多く使われています。製造しているのは日本の3大塗料メーカーの一つでもある日本ペイントです。

有名な企業が出している、人気がある塗料なので、信頼性もばっちりです。

外壁塗料ファインシリコンフレッシュの仕上げの特徴と知っておきたい全知識

この記事が気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

このページのタイトルとURLをコピー

SNSにシェアして役立つ情報をみんなに広めよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連する人気の記事