1. ホーム
  2. リフォームの記事一覧
  3. リフォームの箇所
  4. 外壁
  5. 【外壁サイディング】塗装ガルバリウム鋼板の特徴と知っておきたい全知識
2019.05.15
204 views

【外壁サイディング】塗装ガルバリウム鋼板の特徴と知っておきたい全知識

一戸建てのお家をお持ちなら、何年かに一度屋根リフォームについて意識することに。屋根塗装にいろいろ違ったアイデアをお持ちの方々もいることでしょう。

今回紹介するのは、塗装ガルバリウム鋼板についてです。ただし、塗装ガルバリウム鋼板って、 結構素人のあなたが手を出すには難しい塗装方法とも言われています。

安易に、塗装ガルバリウム鋼板と向きあってしまえば、不具合が起きてしまうかもしれません。そのあたりの問題もあらかじめチェックしておきましょう。

塗装ガルバリウム鋼板とは

引用:https://www.yanekouji.net/roof-painting/

塗装ガルバリウム鋼板とは、ずばりアルミ亜鉛合金めっき鋼板のことを言います。鋼版の板に、合金(アルミ・亜鉛・シリコン)をメッキしました。

アルミニウム55%、亜鉛43.4%、シリコン1.6%という質量比で作り出されています。

アルミニウムには、熱反射性や耐熱性、加工性、耐食性、防水性、重量性という特徴があります。 更に、亜鉛には、 犠牲防食作用があります。

犠牲防食作用とは、亜鉛めっきに対して傷がついてしまって鋼板部分が露出してしまったとしても、傷ついてしまった周辺の亜鉛が鉄よりも先に溶け出して行くため鋼板部分が腐食しにくい特徴を言います。

そのようなそれぞれの特徴によって、耐久性にとても優れた塗装開発を実現することが出来ました。

塗装ガルバリウム鋼板は、そのため、 雪や雨が多く降る地域にお住まいの方々や、 沿岸沿いの家に住んでいる方々にとても適した方法です。

塗装ガルバリウム鋼板は、デザインも、カラーもいろいろあって、シンプルなデザイン好みの人たちや、モダンデザインが好きだという人たちに好まれる傾向があります。

しかし、あなたがそれを選択してしまったとき、まるでトタン屋根? 倉庫?というイメージを持ってしまうこともあるかもしれません。塗装ガルバリウム鋼板を好きではないという人たちもいるかもしれませんね。

塗装ガルバリウム鋼板は、いろいろ塗装がありますが、その中で結構好き嫌いが分かれてしまう塗装だと思います。

塗装ガルバリウム鋼板は、ガルバとも言われることがあり、ガルバリウムだけで呼ばれることもあります。

現在、塗装ガルバリウム鋼板や、金属サイディングを扱っているメーカーには、

  • アイジー工業株式会社
  • 日鉄住金鋼板株式会社(ニスク)
  • 日新製鋼株式会社
  • 株式会社淀川製鋼所(ヨドコウ)
  • JFE鋼板株式会社
  • 東邦シートフレーム株式会社
  • 千代田鋼鉄工業株式会社
  • 株式会社精田建鉄

という企業があります。

塗装ガルバリウム鋼板のメリット

引用:https://www.yanekouji.net/roof-painting/

塗装ガルバリウム鋼板は、あなたにとっていろいろなメリットをもたらしてくれることでしょう。塗装ガルバリウム鋼板は、色もデザインも豊富にあって、販売しているメーカーもいろいろあります。

何より選択した方々は、 耐久性に対してメリットを感じていることでしょう。その耐久性は、 20年から25年とされているので、相当塗装をそのまま放置していても美しい現状を維持することが出来るでしょう。

塗装ガルバリウム鋼板を開発したのは、ベスレヘム・スチール社 という会社です。

ベスレヘム・スチール社は、やがて2003年にインターナショナル・スチール・グループに売却されることになりますが、 その会社が、野外暴露試験を行った結果、海岸地区、工業都市、田園地区と言ったエリアにおいて、 皮膜の寿命が25年以上という実験データが報告されています。

塗装ガルバリウム鋼板は、耐蝕性に優れているメリットがあります。塗装ガルバリウム鋼板は、サビにくいから耐用年数をグッとのばすことが出来るんですね。お金の問題としてもあなたが塗装ガルバリウム鋼板を選択したのは正しいでしょう。

美しさ

http://www.nisc-s.co.jp/products/galvalume.html

多くの人たちが、美しさを求めて塗装ガルバリウム鋼板を選択しています。塗装ガルバリウム鋼板は、鋼板にアルミニウムと亜鉛の合金メッキを施すことで、 鉄をサビから守ってくれるため、亜鉛を流失しにくい構造になっています。

トタンの選択肢では、結構亜鉛が簡単に流れて出てしまう傾向がありますが、それと比較して、塗装ガルバリウム鋼板は、相当サビにくい実験データがあります。

それによって、いつまでも美しい美観をキープし続けることが出来るのは、塗装ガルバリウム鋼板の大きなメリットです。

軽い

更に、塗装ガルバリウム鋼板を使用することで軽いという大きなメリットがもたらされることになります。外壁材の選択肢の中で、特別軽量と考えていいでしょう。

ですから、あなたの家に対して、塗装によってよけいな負担をかけてしまうということはありません。モルタルやALCの外壁という人たちは、塗装ガルバリウム鋼板がやっぱりいいのではないでしょうか。

モダン・アーバン

モダン・アーバンな雰囲気の塗装がいいというのなら、塗装ガルバリウム鋼板がいいでしょう。難しいことを言わないでも、結構塗装ガルバリウム鋼板はオシャレなイメージを醸し出してくれています。

金属の質感をそのまま活かしたり、シンプルな無地や木目調、またタイル調のものなどいろいろな選択肢があります。それぞれの種類によって、あなたの個性を上手く表現してくれることでしょう。

まさに、塗装ガルバリウム鋼板は、都会的いい雰囲気を作りだしてくれます。ちょっとハイセンスなレベルの高い暮らしを、塗装ガルバリウム鋼板の選択で実現することが出来るでしょう。

防水性

更に、塗装ガルバリウム鋼板のメリットは、防水性の高さです。表面は、金属板で出来ているから、吸水、浸透を防ぐことが出来ます。

屋根の材料としても有効的に活用されている点を見れば、まさにそれが防水性に優れている証拠のようなものです。

コストパフォーマンス

いろいろ塗装の選択肢があって、塗装ガルバリウム鋼板は価格が高いからやめておこうという発想もあるかもしれません。

しかし、長期的展望に立てば、塗装ガルバリウム鋼板は値段が高いかもしれませんが、長くもたせることが出来るから逆にお得感のある発想ということが出来ます。

塗装ガルバリウム鋼板は、一般的には15年あたりからの交換になるでしょう。

塗装ガルバリウム鋼板のデメリット

https://gaiheki-kakekomi.com

塗装ガルバリウム鋼板のいいことばかり聞いても、正しい情報をお伝えしていることにはなりません。何事においてもデメリットはあり、デメリットもあなたが知ることによって、本当の意味での正しい選択が出来るでしょう。

メリットもあり、デメリットもあり、結果塗装ガルバリウム鋼板を総合評価して判断してください。

傷がつきやすいデメリット

塗装ガルバリウム鋼板のデメリットとして、傷が簡単についてしまうからどうなのかなという気持ちも起こることがあります。 それは、0.3mm~0.5mmあたりの、厚みの薄さから起こります。

塗装層・保護層も非常に薄い出来だから、よりデリケートに扱うという意識が必要になって来るでしょう。

もしも、傷がついてしまった時には、 その場所からサビが出てきてしまうようになります。

断熱性まで期待できない

更に塗装ガルバリウム鋼板のメリットとして耐熱性までは期待出来るかもしれませんが、断熱性までは期待することが出来ません。耐熱性や熱反射性に優れているというメーカーの宣伝文句を誤解しないようにしましょう。

表面温度や屋内温度も高くなりにくくて、 アルミめっき鋼板程度の耐熱性は期待することが出来ますが、それは、断熱性があるということではありません。

塗装ガルバリウム鋼板は、薄い構造なので、その素材には、 断熱 的メカニズムはそなわっていません。

黒点現象が起きてしまうデメリット

更に、塗装ガルバリウム鋼板には、黒点現象が起きてしまうデメリットも想定することが出来ます。

例えぱ、塗装ガルバリウム鋼板を使用している時には、工程としてセメントを他で扱うこともあるかもしれません。そのようなシーンでは、セメントが、塗装ガルバリウム鋼板に付着してしまって、セメントのアルカリ成分と反応してしまうことがあります。

そのような現象のことを黒点現象と言います。

スピーディーにサビになってしまうということではありませんが、シミのような感じになってしまって、たったこれだけのことで、美しさは消滅してしまうかもしれません。

塗装ガルバリウム鋼板を使用するポイント

あなたが塗装ガルバリウム鋼板を使用するとき、どのような向きあい方をすればいいのでしょうか。先ほどお話ししたメリット・デメリット両方知り、総合的にとらえてみましょう。

塗装ガルバリウム鋼板を利用するときには、 断熱材を適宜張ることで、あなたの家に対して断熱機能も充実させることが出来るメリットがあります。

あるリフォーム会社からは、断熱塗料を塗れば問題ありませんよと言われることもあるかもしれませんが、塗装ガルバリウム鋼板と、断熱塗料のマッチングでは断熱性が不十分になってしまう可能性が高いので、内壁の間にというのがおすすめです。

塗装ガルバリウム鋼板は、一般的にはサビにくいと言われています。塗装ガルバリウム鋼板は、犠牲防食作用が起こる可能性を考えることが出来るからです。しかし、犠牲防食作用を期待するものの、全然サビが発生しないということではありません。

黒点現象というのもサビのようなものであり、更に、赤サビ(硬い物質の接触で傷つき発生する)の起こる可能性も示唆されています。白サビ(高温多湿で発生する)も起こる可能性があります。

もしも、塗装ガルバリウム鋼板を使用してサビの症状が出来て来てしまえば、専用のサビ取り剤など使用して、対策について考える必要があります。

サビは、一度浮き出しさせて、水で洗い流してください。サビがついてしまった場所は、傷んでしまっている可能性もあるので、専用の塗料を使用することも考えてみましょう。

いつも清潔に保つモチベーション

塗装ガルバリウム鋼板を使用して、いつまでもキレイを維持出来るのかと言えば、そうでない部分もあります。あなたも、しっかり定期的に塗装ガルバリウム鋼板と向きあうことでキレイをずっと維持することが出来ます。

あなたが、向きあう必要があるのは、清潔に保つための水洗い作業です。そのような方法によって、白サビ対策へも繋げることが出来るでしょう。2~3ヶ月に1回程度はこんなメンテと向きあってください。

ただし、塗装ガルバリウム鋼板は、薄い外壁材なので水圧なども勢いよくかけないように注意して行う必要があります。

塗装ガルバリウム鋼板の劣化のポイント

どのようなときに塗装ガルバリウム鋼板が劣化したと判断すればいいのでしょうか。おおかた劣化のサインは、 色あせや屋根材の浮きでしょう。また、サビも劣化の判断のポイントです。

塗装ガルバリウム鋼板を使用している多くの人たちは、結構塗装ガルバリウム鋼板は、サビないと誤解しているかもしれません。実際には塗装ガルバリウム鋼板は錆びない素材ではありませんので、サビ対策ともしっかり向きあう必要があります。

塗装ガルバリウム鋼板は、サビない素材ではなく、敢えて言えば、サビにくい素材です。ここの微妙な違いは、あなたが使用する上でもしっかり捉えておかなければならないポイントです。

塗装ガルバリウム鋼板の扱いはなかなか難しいかも

塗装ガルバリウム鋼板は、あなたが気軽に塗装しようと思ってもなかなか上手くいかないかもしれません。実際にプロの人たちが塗装するのも難しいと言われています。

難しい理由として、 塗料を塗っても付着しにくい点をあげることが出来ます。

塗装ガルバリウム鋼板には汚れがつきにくく、サビが起こりにくいのは、表面がツルツルした感じだからです。そのような素材に対して、塗装を密着させて塗るためには、 専用のプライマーも必要です。

また、 サビ止めを塗る必要がある時もあるでしょう。その判断は、素人判断ではなかなか難しいかもしれないですよね。

わからないという人たちは、塗装ガルバリウム鋼板の経験が豊富にある業者に依頼するようにしましょう。

一括見積もりサイトを利用

https://gaiheki-kakekomi.com/

ネットでたまたま見付けた業者に依頼してしまうのはちょっとリスクも大きいのかもしれません。どの業者に依頼していいかわからない人たちは、ネットの一括見積もりサイトを利用してみてはいかがでしょうか。

タウンライフリフォームでは、インターネットからあなたの街の優良リフォーム会社へのリフォームプラン依頼、見積もり依頼が出来ます。提案内容、見積もり費用、条件を徹底比較します。

アエラのリフォー夢は、問い合わせから完成後のアフターフォローまでしっかりとサポートいたします。問い合わせ、調査、見積もりは全部無料です。

費用が高額なケースも多く、契約してしまうと非常に大きな損失になります。 プロヌリでは、優良業者の見積もりと優良ではない見積もりをしっかりわかりやすく比較します。

まとめ

いろいろリサーチすれば、塗装ガルバリウム鋼板のメリットも見えてくるでしょう。錆びにくい、耐用年数が長い、軽いなど、そのような素材を求めているのなら選択肢は塗装ガルバリウム鋼板です。

【外壁サイディング】塗装ガルバリウム鋼板の特徴と知っておきたい全知識

この記事が気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

このページのタイトルとURLをコピー

SNSにシェアして役立つ情報をみんなに広めよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連する人気の記事