1. ホーム
  2. リフォームの記事一覧
  3. リフォームの箇所
  4. 外壁
  5. 外壁塗料ハナコレクション200UVファインの仕上げの特徴と知っておきたい全知識
2019.03.24
181 views

外壁塗料ハナコレクション200UVファインの仕上げの特徴と知っておきたい全知識

ハナコレクション200UVファインは、日本ペイントが出している塗料で、「ハナコレクションシリーズ」というシリーズの中の一つです。

色の美しさに加えて、その他の性能も優れている塗料です。

ここでは、ハナコレクション200UVファインについてご紹介します。

ハナコレクション200UVの主な特徴

ハナコレクション200UVは「ハナコレクションシリーズ」というシリーズの中の一つです。このシリーズは花の色をイメージした美しい色彩が特徴で、カラーバリエーションも豊富に展開されています。

そしてハナコレクション200UVファインは、弱溶剤タイプで2液型のシリコン樹脂塗料で、これらの特徴によって、シリーズの中でもハナコレクション200UVファインは耐久性と汚れにくさにとくに優れているというのが特徴です。

見た目の美しさだけでなく、優れた性能も合わせもっているので優秀な塗料ですね。

それではハナコレクション200UVファインの特徴について、さらにくわしくご紹介していきます。

ハナコレクション200UVファインの適用下地と建物

ハナコレクション200UVファインの適用している下地には、コンクリート、モルタル、窯業系サイディングボード、鉄部などがあります。続いてハナコレクション200UVファインを使うのに適している建物をご紹介します。

ハナコレクション200UVファインを塗装するのに向いている建物は、戸建住宅、集合住宅、店舗などで、反対にハナコレクション200UVファインを塗装するのにあまり向いていないのは、工場、倉庫、オフィスなどの入ったビル、学校や病院などの公共施設です。

鋼構造物やプラントにはとくに相性が良くありません。

塗装をする際には、ハナコレクション200UVファインと相性の良い建物かどうかチェックが必要ですね。

ハナコレクション200UVファインの価格

ハナコレクション200UVファインの価格は以下の通りです。

ハナコレクション200UVファイン:2,500円

平滑:3620円/m²
コンクリート・モルタル・窯業サイディングボードなど
3工程・下塗りがパーフェクトサーフの場合

なみがた:4020円/m²
コンクリート・モルタル等の塗り替え
3工程・下塗りがパーフェクトフィラー砂骨ローラーの場合

平滑:
3190円/m²
高意匠サイディングボードの塗り替え
3工程・下塗りがファインパーフェクトシーラーの場合

ちなみに、他のハナコレクションシリーズの塗料の価格は以下のようになっています。

  • ハナコレクション100水性:1,800円
  • ハナコレクション100ファイン:2,000円
  • ハナコレクション200UVファイン:2,500円
  • ハナコレクション300UVファイン:3,000円

3回塗りの合計の価格は、シリコンタイプだと2,000~2,600円/m2、フッ素タイプだと3,000~3,800円/m2です。

ハナコレクション200UVファインはハナコレクションシリーズの中では2番目に高い塗料ですが、ハナコレクションシリーズの塗料は、他の塗料と比べるとそこまで高くない塗料となっています。

ハナコレクションシリーズの種類

ハナコレクションシリーズにはハナコレクション200UVファインの他にも複数の種類があり、全部で4つのタイプがあります。

他の3つのタイプも合わせてご紹介します。

ハナコレクション100水性:水性1液シリコンタイプの塗料
他の塗料と同じように、バラの香りがするので、塗装するときのにおいをおさえることができます。

ハナコレクション100ファイン:弱溶剤1液シリコンタイプの塗料
乾燥するのが早いのが特徴です。湿気の多いところでもすぐに乾きます。

ハナコレクション300UVファイン:フッ素タイプの塗料
シリーズの中で一番高額ですが、その分もっとも耐候性に優れているので、美しい外壁を長期間保つことができます。

性能や予算を考えて自分にぴったりのものを選べますね。

ハナコレクションシリーズは美しい色でカラーバリエーション豊富

引用:https://newsoku.blog/archives/2935

ハナコレクションシリーズの一番の特徴は、豊かなカラーバリエーションと美しい色彩で、花の色をテーマにしていて、自然のお花の色を手本にしてつくられています。
お家の色をお花の色にできるなんて素敵ですね。

カラーバリエーションも豊富なので、たくさんの色の中から好きな色を選べるのもうれしいポイント。

カラーの種類は

  • ホワイト
  • イエロー
  • レッド
  • マゼンダ
  • ヴァイオレット
  • ブルー
  • グリーン

の8色があります。

お家の外観を美しくさせることを目的につくられたシリーズなので、デザイン性にこだわりたい人にはぴったりですね。

ハナコレクションシリーズはツヤの種類も豊富

カラーだけでなく、ツヤもたくさんある中から選ぶことができます。

ハナコレクション200UVファインのツヤの種類は、ツヤ有り・7分ツヤ・5分ツヤ・3分ツヤの4種類です。

他のハナコレクションシリーズのツヤの種類は、以下のようになっています。

  • ハナコレクション100水性:ツヤ有り・7分ツヤ・5分ツヤ・3分ツヤ・ツヤ消し
  • ハナコレクション100ファイン:ツヤ有り・7分ツヤ・5分ツヤ・3分ツヤ
  • ハナコレクション300UVファイン:ツヤ有り・7分ツヤ・5分ツヤ・3分ツヤ

ハナコレクションシリーズはバラの香りの塗料

ハナコレクションシリーズはバラの香りがする塗料で、これもハナコレクションシリーズならではの特徴です。
塗料からバラの香りがするなんて驚きですね。

塗装の工事の最中は、塗料特有のシンナーのにおいがしますよね。
ストレスになるだけでなく、具合が悪くなるなど、体調にも悪影響が出ることもあります。

ハナコレクションシリーズの塗料には、バラの香りがする芳香がつけられており、このおかげで、塗料のシンナーのにおいはほとんどしません。塗料のにおいによるストレスや近所とのトラブルも防ぐことができます。

ハナコレクションシリーズは塗り重ねることで美しく丈夫に

ハナコレクションシリーズは、下塗り・上塗り・オーバーコートと3つの工程で塗り重ねます。

3度塗りすることで、見た目の美しさと耐久性の良さの両方をアップさせることができ、鮮やかな発色をしっかり長持ちさせることができるので、美しい色を長期間楽しめますね。

ハナコレクションシリーズは耐久性に優れている

ハナコレクションは見た目の美しさだけでなく、耐久性にも優れています。

ハナコレクション200UVファインの耐用年数は、7~13年となっており、各ハナコレクションシリーズの耐用年数は以下の通りです。

  • ハナコレクション100水性:7~13年
  • ハナコレクション100ファイン:7~13年
  • ハナコレクション200ファイン:7~13年
  • ハナコレクション300UVファイン:10~15年

種類によっても変わりますが、全体的に7~15年となっています。

塗り替えは10年に一度が良いとされていますので、10年近くきれいな外壁を長期間保てるのはうれしいですね。

ハナコレクション200UVファインは油性塗料なのできれいに仕上がる

塗料には水性塗料と油性塗料があり、ハナコレクション200UVファインは「油性塗料」です。

外壁を塗装するときに、水で塗料を溶かすのが水性塗料、シンナーなどの溶剤で溶かすのが油性塗料とされています。

油性塗料は、耐久性の高さと仕上がりの美しさが特徴です。

油性塗料の方が水性塗料よりも耐久性・耐候性が高いので塗膜が長持ちします。耐久性が高い理由は、樹脂同士の結合の仕方にあり、水性塗料よりも油性塗料の方が、樹脂同士がしっかりと絡み合うように結合するので、丈夫になるのです。

仕上がりの美しさについては、下地などによっても変わりますが、油性塗料の方が一度塗りでもしっかり塗ることができます。仕上がりの美しさの理由は「自己平滑性」という塗膜がまっすぐになろうとする力があるからです。

塗膜がまっすぐになることで、すべらかできれいな仕上がりになるのですが、水性塗料はハケで塗ると、ハケのあとが残りやすいです。

それに比べて油性塗料は塗ったばかりのときにはハケのあとがありますが、乾燥するとあとがなくなってまっすぐできれいな塗膜に仕上がります。

ハナコレクション200UVファインは弱溶剤なので有害性が低い

油性塗料には2種類の強溶剤と弱溶剤があり、ハナコレクション200UVファインは油性塗料の中でも「弱溶剤」にあてはまります。

強溶剤はアクリルシンナー、ラッカーシンナー、ウレタンシンナーなどの溶かす力がとくに強いシンナーを使って塗るものです。

弱溶剤塗料は、刺激の少ないシンナーが使われている塗料で、強溶剤と違って、人の体や環境への害が少ないのが特徴です。

以前は、溶解力が強いシンナーを使った強溶剤を使って塗る油性塗料が主でしたが、人や環境への影響を減らすために、大手メーカーは溶剤塗料を進化させて弱いシンナーでも溶ける弱溶剤塗料を作りました。

VOC(揮発性有機化合物)という有害物質を減らして、人の体や環境への影響が少ない油性塗料である弱溶剤がつくられたのです。

人にも地球にも考慮されている塗料なのは安心ですね。

ハナコレクション200UVファインは2液型なので耐久性がある

ハナコレクション200UVファインは「2液型」の塗料です。

溶剤1液型、溶剤2液型、水性1液型の3種類があります。

2液型はそれぞれの材料を混ぜ合わせてから、水やシンナーで薄めて使います。

工程が多くて手間がかかりますが、その分1液型よりも2液型の方が塗料がしっかり固まるので、密着性が高くて耐久性のある塗料なのです。楽さよりも耐久性を重視したい人にはぴったりですね。

ハナコレクション200UVファインはシリコン塗料なので耐久性が高い

水性セラミシリコンは「シリコン塗料」です。

シリコン塗料は耐久性があり長持ちするというのが特徴で、他にも気候による刺激、熱、水に強く、柔軟もあり、さまざまな性能があります。シリコン塗料は光沢がありツヤのある塗料なので、汚れにくいのもポイントです。

塗料は一般的に合成樹脂が主成分ですが、シリコン塗料はシリコン樹脂が主成分となっています。

シリコン塗料は耐久性の高さが強みです。
ウレタン塗料やアクリル塗料の耐用年数は6~8年くらいで、それに比べて、シリコン塗料の耐用年数は10~15年となっています。
シリコン塗料は他の塗料に比べて耐久性が高いのです。

シリコン塗料の塗膜は水を弾きやすいのも特徴で、雨水に含まれた汚れや泥、ほこりを弾いてくれるので、汚れにくいのです。

汚れが付着しても、シリコン塗料は付いた汚れを雨といっしょに簡単に落とすことができます。

現在では、シリコン塗料は外壁の塗料に頻繁に使用されている塗料となっています。
以前はウレタン塗料が主流で、シリコン塗料が登場したばかりのときはい現在と比べて高価な塗料でした。

ですがここ10年間くらいで価格が下がったので、ウレタン塗料と同じくらいの価格で使用できるくらいリーズナブルになり、多く使われるようになりました。
現在では価格も下がったので、性能があり価格も安いのでお得な塗料ですね。

シリコン塗料のデメリットをあげると、塗膜が硬いことによって、ウレタン塗料に比べて密着性が低いという点があります。

業者の口コミ

実際に使用した業者からの口コミをご紹介します。

「長年使っていますが、とくに問題が出たこともないので、安心して使えます。」

「ハナコレクションシリーズは色、ツヤ、タイプが豊富にあって、シリコンタイプの塗料の中では料金も安めなので、お客さんからも評判な塗料です。」

「初めて使ったときに、バラの臭いがすることに驚きました。」

「パーフェクトトップが出る前はよく使っていましたが、最近ではパーフェクトトップの方が多く使っています。」

塗装は信頼できる業者をしっかり選ぶ

塗料選びだけでなく、業者選びもしっかり行う必要があります。

業者の中には、相場よりも大幅に安い価格で塗装する、と提案する業者もありますが、そのような業者には注意が必要です。
安すぎる業者の中には、塗料をたくさん薄めて使われたりと、悪質な業者もあるので、安く提案する業者があるとつい選びたくなってしまいますが、適正価格である信頼できる業者を選ぶことが大切です。

信頼できる業者を選ぶのに役立つものとして、「一括見積もりサービス」というサービスがあります。

提案されている内容や塗料の価格を比較検討することができます。
適正な価格でしっかりとした塗装をしてもらうことができ、外壁塗装の一括見積もりサービスでできることには、塗装工事の相談、業者の紹介、見積もりの診断があります。

同じ塗料でも、業者によって外壁の仕上がりは大きく変わりますので、業者はいくつか候補をあげてから、比較検討して選ぶのがおすすめです。

大事なお家を塗装するのですから、しっかりとした塗装をしたいですよね。
最適な外壁塗装をするために、この記事に書いてあることを参考にしていただけたらうれしいです。

外壁塗料ハナコレクション200UVファインの仕上げの特徴と知っておきたい全知識

この記事が気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

このページのタイトルとURLをコピー

SNSにシェアして役立つ情報をみんなに広めよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連する人気の記事