1. ホーム
  2. リフォームの記事一覧
  3. リフォームの箇所
  4. 階段をリフォームしたい!パターン別リフォームの相場と注意点
2019.02.21
111 views

階段をリフォームしたい!パターン別リフォームの相場と注意点

階段をリフォームしたい!どんなリフォームができるの?

階段のクロスのみを張り替える

一番簡単なのが、階段のクロス材のみを張り替えるリフォームです。一番リフォーム費用も工期も短いのがこの方法です。すでにカーペットが貼ってある場合は、劣化したカーペットを貼り替えることで階段のイメージをリフレッシュさせることができます。板張りの階段にカーペットを貼り付けて滑りにくく、足を置いた時の足触りを柔らかくすることもできます。板材のみを貼り替えるという方法もあるので検討して見ましょう。選ぶ素材によって予算は変動しますのでしっかりと業者と相談をするようにすると良いでしょう。

階段の勾配を緩やかにする

最近人気のリフォームは階段の勾配を緩やかにするリフォームです。両親との同居に備えて勾配を緩やかにする、子供が生まれたのでリフォームするなどの理由でこの方法を選ぶ人が多いです。方法としては、段の高さを低くして今までの階段よりも段数を1〜2段増やすのが一般的です。段が低すぎると却って登りにくい場合もあるので、実際に自分で登ってみて事前にベストの高さを選ぶことが大切です。

階段の位置を変更する

階段のリフォームの代表的な例として、階段の位置を変更するというものがあります。既存の階段の位置を変更して、新しい場所に階段を設置するというリフォーム方法です。2階を支える土台や柱の位置を変更する必要がある場合が多いので、少し大掛かりなリフォームになります。費用もそれだけかかりますので、家全体のリフォームと同時に行われることの多い方法です。

階段の架け替え

少し大掛かりなリフォームになりますが、次に人気なのは位置を変えずに新しい階段を架け替えるリフォームです。全く新しい素材や段の高さの階段を掛け直すことで、好みのデザインや雰囲気を出すことができます。工事中は階段が使えなくなるというデメリットがありますが、工費をなるべく抑えて階段のイメージをガラッと変えたい人には人気のリフォームです。

階段下に収納や作業スペースを増やす

階段下のスペース部分に収納を設置するリフォームも人気です。階段の下の土台の部分を収納に変えることで、自宅の収納スペースを増やすことができます。棚を設置したり、人によってはちょっとした団欒スペースにしたり書斎にしたりする人もいます。階段下のスペースを自分のこだわりの場所にすることができるのです。工期はどのような収納をつけるかによって変わります。

手すりをつける

階段に手すりを設置するリフォームも人気です。階段を利用する際の安全性を高めることができて、人気のリフォームになります。特に二世帯住宅に建て替えをする、親と同居をする際に手すりを設置するケースが多いです。手すりの太さをしっかりとしたものにすると移動がかなり楽になるので実際に手に持ってみて馴染む手すりを選びましょう。

階段リフォームの相場と工期は?

クロスの張替えの相場と工期

クロスのみを貼り替える場合の工期は平均的に1〜2日です。素材にこだわって、床材を取り寄せる場合はもう少し時間がかかるかもしれませんが、工事自体にかかる日程としては数日ですみます。どのような床材・カーペットを使うかによっても違いますが、予算も平均10万円程度ですみます。一番手軽で短い日にちで工事を終了できるのが階段のクロス・床材の張替えと言えるでしょう。

階段の勾配を緩やかにする相場と工期

最近人気の階段の勾配を緩やかにリフォームする方法の平均工期は平均一週間程度見ておきましょう。その間は階段を使うことができないので、日用品などが二階以上にある場合は一階に下ろしておくなどの工夫が必要です。また、平均予算は30万円〜50万円程度です。この予算の差はどの程度階段の段数を増やすのか、形状自体を少し変更する(ストレートから少し曲がる形状に変えるなど)のかなどによっても変動します。

階段の位置を変更する

階段の位置を変更するリフォームにかかる平均的な工期は1ヶ月〜2ヶ月見ておきましょう。どの程度階段の位置を変更するのか、土台や柱自体の変更点が多ければ多いほど工期が伸びていきます。家の構造を確認してよくリフォーム業者と相談しておくことが必要です。予算は平均で150万円〜300万円です。家の構造や設置する階段の形状や素材によってはこれ以上になることもあります。

階段の架け替え

階段の架け替えリフォームの工期は平均1ヶ月程度になります。位置を変えずに階段のある場所へ新しい階段を付け替えるイメージなので、工期は若干短めに抑えられます。しかしこの間も階段を使用することはできないため、荷物の移動などが必須となります。平均予算は50万円〜100万円とかなり開きがあります。これは、架け替える階段の素材や材質、長さによって大きく変動するためです。

階段下に収納や作業スペースを増やす

階段下に収納を作ったり書斎スペースを作ったりする場合は3日〜14日間程度です。収納のみの取り付けなら3日程度ですぐに終わります。書斎も作りたい場合は、スペースだけ開けるならだいたい5日程度、それ以上に何かこだわりを込めるならそれ以上の工期がかかります。予算は収納を取り付けるのみなら10万円程度、書斎にエアコンなどを取り付けたい場合は20万円程度の工費がかかります。

手すりをつける

階段に手すりを取り付ける場合の工期は1日〜3日程度です。手すりの取り付けは、基本的に工期も短く済みます。手すりを取り付ける際の予算は10万円〜30万円程度です。予算にかなり開きがありますが、これは手すりの長さや素材によって大きく価格が変わってくるためです。

樹脂製の手すりなら安く済ませられますが、アイアン性などのデザインを重視すると値段が上がってきます。階段全体の雰囲気としっくりくる手すりを付けられるようにすると良いでしょう。

階段リフォームの際の注意点

安全性

階段リフォームをする場合の一番の注意点は何より安全性でしょう。安全性が担保されていないと、滑って転んでしまったり足腰に負担がかかってしまい階段を登ることが難しくなってしまったり…なんてことにもなりかねません。しっかりと安全性を確保するために気をつけるポイントを以下に4つ紹介するので、階段リフォームをする際の参考にしてみてください。安全で家族皆が利用しやすい階段を作りましょう。

勾配・傾斜が緩やか、段差が小さい

階段の勾配や傾斜が緩やかだと、階段を登りやすくなります。段差があまりに大きいとお年寄りや子供にとっては階段を登ることが難しくなってしまうかもしれません。一般的に理想的な階段の勾配は30度〜35度と言われています。これよりも勾配がきついと、急な階段になってしまうのです。

また踏み台と言われる階段の足を置く部分は15cm以上が法律で決まった寸法ですが、かなりギリギリの広さなので理想は25cmで足がかかとまで男女ともに収まるサイズが理想でしょう。

滑りにくい工夫がされている

次に階段で事故がおきやすいのは、滑って階段から転落してしまうという事象です。階段の上段から落ちてしまうと死亡事故にもなりかねません。階段の素材でもっとも滑りにくくデザイン的にも良いとされているのはコルクマットまたは絨毯ばりの素材です。

デザイン的にどうしても木材が良い!という方には防滑仕上げの面材を上貼りする方法があるので、そちらを試してみるのがオススメです。デザインと安全性を考えて階段の素材を選びましょう。

階段の照明が明るい

階段のリフォーム時にあわせて見直しておきたいのは階段の照明です。階段の照明が暗いと足元が見えにくく、朝方や夜間に階段を踏み外して怪我をしてしまうという事故も起こりやすくなります。階段の照明を明るめに設定することで、階段での事故の発生率を下げることができます。

照明を増やし、LEDの電球に変更する、明るさを上げるだけでも照明を明るくして階段全体を照らすようにできるのでぜひリフォームの際には検討してみてください。

手すりをつける

階段の事故発生率を下げるのに重要ものとして手すりがあげられます。手すりをつけることで、階段が登りやすくなりますし万が一転倒したり足を踏み外しtたりしてしまった場合にも滑り落ちてしまうことを防ぐことができます。安全性を重視するならば掴みやすさを重視した丸い手すりがオススメです。階段の構造上可能ならば両側に手すりをつけると子供や高齢者も階段を登りやすくなります。

階段のリフォームを成功させる業者選び

実績をみる

まず失敗しない業者選びのポイントとして、今回希望するリフォームの内容を施工した実績があるのかどうかが重要です。希望するリフォームの経験があまりないと、効率が悪くて工期が長くなったり、こちらの質問や要望にうまく答えられなかったりする可能性があるためです。

熟練のリフォーム業者ならば、こちらの要望と予算をうまく組み合わせて理想通りの階段リフォームを早く、安く仕上げてもらえる可能性が高くなります。HPなどで実績や施工例をしっかりとチェックしましょう。

担当者とのコミュニケーションが円滑か

リフォーム業者の担当者との相性も重要なポイントです。とっつきづらくて提案や質問をしづらい相手だと、意図が伝わらず理想の階段が出来上がらないかもしれません。担当者と楽しくコミュニケーションをとって、なんでも相談しやすい相手であることがベストです。なんだかこの人違うな、と思ったら他のリフォーム業者を当たってみることも検討してみてください。リフォームは時間もお金もかかります。気持ちよく依頼できる会社を選びましょう。

近所にある業者か

次に重要なのは、業者が近所にあるかということです。打ち合わせや何か緊急事態がおきた時に、遠方の業者だと初動が遅れたりすぐに対応が出来なかったりする可能性があるのです。

近所の業者なら電話一本ですぐに駆けつけてくれたり、こちらが事務所へ訪問して相談をしたりもしやすいです。近所の業者なら付近の住民に評判を聞いたりすることも容易なので、まずは近所にあるリフォーム業者から当たってみるのがオススメです。

保証やアフターサービスがあるか

階段リフォームを成功させる業者選びのポイントは、保証やアフターサービスがあるかどうかです。保証やアフターサービスがある業者を選ぶことで、階段の施工に何か欠陥があったなどの自体に備えることが出来ます。最近保証やアフターサービスのない業者も珍しいくらいなのですが、内容は業者によって様々なので階段リフォームが終わった後のことも考えて保証内容も比較してみるようにしましょう。

リフォーム協会などに加盟している

リフォーム協会や住宅協進協議会などに加盟している業者を選ぶというのも一案です。なぜ加盟店を選ぶかというと、信頼度の高さを担保できるためです。加盟していないからといって優良店ではないというわけではないのですが、経験も多く顧客の信頼を得るためにリフォーム協会などに加盟して安心度を高めるようにしている業者が多いのです。

加盟店はそれなりの実績を積んでいたり、顧客からの評判も良いお店であったりという一つの判断基準になるでしょう。

業者側からリフォームの提案をしてくれるか

こちらの要望をなんでも聞いてくれる業者は良い業者に見えるかもしれませんが、あくまで素人の希望なので実際施工をするとなると効率や予算を反映させて折り合いをつけなければならない場面も出てきます。

安全性を高めるための提案や、予算を抑えるための提案をしてくれるような業者を選んだ方が結果的に予算的にも仕上がり的にも満足のいく階段のリフォームができると言えます。あまり意見を言わない担当ならばこちらから「何か提案はありますか?」と聞いてみてその回答で判断するのもオススメです。

階段リフォームで便利な補助金制度

バリアフリーリフォーム補助金

代表的なリフォームに対する補助金としてはバリアフリーリフォームに対しての補助金制度ではないでしょうか。自治体にもよりますが、手すりの取り付けや勾配を緩やかにするなどのリフォームの場合は補助金が出る可能性があります。条件としては、要介護認定の人物が家族にいることになります。

それ以外にも自治体によっては65歳以上の高齢者がいる場合の上記のようなバリアフリー関連でのリフォームには補助金が出る場合もあります。自身が所属する自治体へ問い合わせをしてみると良いでしょう。

住宅リフォーム補助金

自治体にもよりますが、住宅のリフォームを推進するためにジャンルを問わずに住宅をリフォームする人に補助金を出していることがあります。詳細が自治体によって大きく変わるので、自身が所属している自治体へ問い合わせをして内容を伝えてみると適切な補助金制度を案内してくれます。

階段リフォームで家を快適に!

ここまで階段リフォームの施工例や予算、失敗しないための注意点をお伝えしてきましたが参考になりましたでしょうか。せっかくお金と時間をかけてリフォームするのですから家族皆が過ごしやすく、納得のできる階段リフォームが実現するようにしっかりと施工例や業者についての下調べをしておきましょう。

助金などの制度を利用できる場合は積極的に使うことで工費を抑えることもできるので大変オススメです。納得のいくリフォームで自宅を快適にしましょう!

階段をリフォームしたい!パターン別リフォームの相場と注意点

この記事が気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

このページのタイトルとURLをコピー

SNSにシェアして役立つ情報をみんなに広めよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連する人気の記事