1. ホーム
  2. リフォームの記事一覧
  3. リフォームの箇所
  4. 屋根
  5. 外壁塗料のパーフェクトクーラーベストの仕上げの特徴と知っておきたい全知識
2019.05.15
132 views

外壁塗料のパーフェクトクーラーベストの仕上げの特徴と知っておきたい全知識

パーフェクトクーラーベストは日本ペイントが出している塗料で水性ラジカル制御形高耐候屋根用高日射反射率遮熱塗料という塗料です。

ニッペパーフェクトクーラーベストは遮熱塗料の中で最も新しい塗料で、遮熱効果にとても優れていて、水性塗料で1液型なので安全で扱いやすい塗料。

ここではニッペパーフェクトクーラーベストについてもっている性能などをご紹介します。

パーフェクトクーラーベストの塗装

パーフェクトクーラーベストは水性塗料であるにもかかわらずたくさんの場所に塗装できる塗料です。

作業性が良い

パーフェクトクーラーベストの下塗りにはパーフェクトクーラーサーフを使うので、中空バルーンのベアリング効果によって塗装に使うローラーが転がりやすくなります。

転写性が良いので塗料が飛び散りにくいので周りが汚れるのも防げて、作業性の良い塗料です。

仕上がりは落ち着いたツヤ

パーフェクトクーラーベストの仕上がりは、落ち着いた光沢感のある仕上がりになります。

弱溶剤系塗料のギラギラとした強いツヤではなく、しっとりした風合いの落ち着いたツヤの屋根になるので、日光の反射でまぶしいといったこともありません。

色は26色展開となっていて、たくさんある色の中から好きな色を選ぶことができます。

塗装できる建物

パーフェクトクーラーベストの建物との相性は以下のようになっていて、住宅から病院のような公共施設、プラントまで幅広く塗装できる塗料です。

戸建住宅◎
集合住宅○
店舗○
工場・倉庫○
オフィス・商業ビル○
学校・病院・福祉関係○
鋼構造物・プラント○

塗装に使用できる工具

パーフェクトクーラーベストに使用できる工具は、吹付、ウールローラー、刷毛と幅広くあります。

パーフェクトクーラーベストの特徴

パーフェクトクーラーベストは遮熱性に優れた屋根塗装専用の塗料です。

日差しを多く受ける屋根に最適

引用:https://australiahereandnow.com/uv-protective-measures/

ファインパーフェクトベストは耐候性と耐久性に優れている塗料なので屋根の塗装に最適な塗料です。

屋根は、お家の中で最も過酷な環境にさらされている場所で、日本では約3日に1回くらいの割合で雨が降りますし、冬になれば霜や雪も降るので、これらによってダメージを受けます。

気温も季節によって幅広く変わり、暑い夏には屋根の表面温度は80℃近くになり、反対に寒い冬には氷点下になるので、屋根は気温の差によって劣化もしやすいのです。

パーフェクトクーラーベストはこのような過酷な環境に耐えることができる耐候性と耐久性をもっていて、遮熱性にも優れているので最適な塗料となっています。

遮熱

パーフェクトクーラーベストの遮熱顔料による遮熱技術により、高い遮熱性能を実現します。

遮熱効果

パーフェクトクーラーベストは、日本ペイントが開発した「ダブル反射」と「熱伝導制御技術」という技術によってトリプルの遮熱効果をもっています。

遮熱技術

上塗り塗料であるパーフェクトクーラーベストに含まれている遮熱顔料によって日差しを反射して高い遮熱性能を発揮します。

赤外線反射技術

パーフェクトクーラーベストの下塗り塗料に使われるパーフェクトクーラーサーフに採用されている赤外線反射顔料によってさらに日差しを反射します。
この赤外線反射顔料によって遮熱下塗り塗料の近赤外線反射効果を最大限まで引き出すことができるようになりました。

熱伝導率

下塗り塗料であるパーフェクトクーラーサーフに採用されている中空バルーンの効果によって、熱伝導率を通常の下塗り塗料よりも少なくしています。

中空バルーンの効果によって、従来の遮熱システムに比べて優れた熱伝導制御システムが形成されました。

ラジカル塗料なので劣化に強い

パーフェクトクーラーベストはラジカル塗料なので日差しなどによる劣化に強くなっています。

ラジカル塗料の正式な名称は「ラジカル制御型塗料」という名前で、ラジカルを制御することができる性能をもっている塗料。
ラジカルとは、塗料の中に含まれている白色の顔料に紫外線が当たることで発生する物質です。

このラジカルは、塗料の耐久性を高めることができる樹脂を分解してしまうので、塗膜を劣化させてしまいます。
このラジカルの発生をおさえるために研究して開発されたのが「ラジカル制御型塗料」、通称「ラジカル塗料」です。

パーフェクトクーラーベストはラジカルの働きを抑えて屋根の劣化を防ぐ機能を持っているので、建物が劣化するのを防いでくれます。

ラジカル塗料はきれいな光沢を出すことができるのも特徴で、光沢が強いということは汚れにくいということにもつながるのです。
光沢感が長期間にわたって保たれることで、長期間汚れがつきにくい塗料となっているので一石二鳥で効果を得られますね。

ラジカル塗料は耐候性が高いことが特徴である塗料で、ラジカル塗料を他の塗料と比べると、その性能はシリコン塗料よりも上で、フッ素塗料よりも下という位置づけです。

シリコン塗料は広く使われる主流の塗料ですが、ラジカル塗料はシリコン塗料よりもさらに費用対効果が高い塗料なので、人気の塗料はシリコン塗料からラジカル塗料に変わると予想している業者もいます。

ラジカルを制御するラジカル塗料には、主に「高耐候酸化チタン」と「光安定剤」というものが配合されています。

高耐候酸化チタン

「酸化チタン」は本来はラジカルを発生させてしまう成分ですが、「高耐候酸化チタン」にはラジカルを外へ放出させないようにする効果があるのです。

これによって劣化しにくい塗膜をキープすることができます。

光安定剤

「光安定剤」は、発生してしまったラジカルをつかまえて、ラジカルの活動を抑えてくれます。
ラジカルが発生してしまっても、この光安定剤によってラジカルの動きを封じこめることができるのです。

ラジカル塗料は、高耐候酸化チタンと光安定剤の効果によって、ラジカルによる劣化を防いで、過酷な環境である屋根でも高耐候性を発揮して長持ちさせてくれます。

パーフェクトクーラーベストはさらにパーフェクトシリーズの特殊技術も施されているので、さらに劣化に強い塗料なのです。

カビやコケが生えにくい

パーフェクトクーラーベストはカビやコケにも強い塗料なので、カビやコケの繁殖を防いでくれるのです。

塗装を行っても、年数が経ってコケが生えることによって屋根が汚れてしまい、緑色にくすんだ見た目になってしまうことがあります。

湿気の多い地域ではこのようなカビやコケによる汚染が起きやすく、海や川の近くであったり、山の近くなどの植物が多い場所であると、湿気が多くてカビやコケが生えやすいのです。

パーフェクトクーラーベストのようなカビやコケが生えにくい塗料であれば、湿気が多い場所でもカビやコケを防いできれいな壁を保つことができるので、湿気が多くてカビやコケに困っているという場合にも最適ですね。

水性なので安全

パーフェクトクーラーベストは水性塗料なので、この水性塗料はシンナーの代わりに水を使うので、地球や人の体にやさしくて火災の心配もない安全な塗料なのです。

オール水性システム

下塗り塗料であるパーフェクトクーラーサーフとの組み合わせによって、下塗りから上塗りまで、すべて水性塗料で塗装することができます。

環境にやさしく塗装できる

シンナーではなく水を使っているので、有害物質であるVOCなどが含まれていないので環境にやさしく塗装できる塗料。

シンナーにはVOCが入っていて、光化学オキシダントやSPMといった大気汚染を引き起こす原因になります。

水性塗料はこのようなVOCといった有害物質を含んでいない塗料なので、地球にやさしい塗装ができますね。

人の体にやさしい

有害物質が入っていないということは、地球だけでなく人の体にもやさしい塗料でもあります。

塗料の安全性を表すFスターという表記も、ホルムアルデヒド放散等級は「F☆☆☆☆」で、この数値はもっとも安全な数値となっているので、安全な塗料であることがしっかり確認できますね。

VOCといった有害物質が入っている塗料をたくさん吸い込んでしまうと「シックハウス症候群」といった健康被害につながってしまうこともあります。

水性塗料であればこのような健康被害につながる心配もないので、塗装している最中も塗装したあとも安心して過ごすことができますね。

有害物質の入っていない水性塗料は、室内でも使用できるくらい安全な塗料なので、室内の塗装にも使用できて便利に使えるというメリットもあります。

火災の心配がない

水性塗料は火災の揮発性溶剤がほとんど入っていない塗料なので、引火してしまう心配がないので、安全に使うことができる塗料です。

火災の心配がないのでどこにでも保管することができて、保管する場所に困らないという扱いやすさもあります。

塗装するときに使用した刷毛やローラーなども水で洗うだけでしまえるので、使い勝手が良いですね。

においが少ない

有害物質が入っていない塗料なのでシンナーのにおいがなく、塗装中のにおいによるストレスを感じたり近所の迷惑になることもありません。

屋根塗装をしている最中は、独特のシンナー臭がありますが、水性塗料はこういったきついにおいが少ないので、塗装中においによって気分が悪くなるといったこともなく使いやすい塗料です。

においは、ときには近所の人からのクレームやトラブルにつながってしまうこともありますが、水性塗料なら家の近辺ににおいが広がることもないので心配ありません。

1液型なので塗装が楽

1液型なので、塗るときに混ぜ合わせる必要がないので塗装が楽で、塗装作業をすぐに始めることができます。

塗料が余ってしまった場合にも次の日にまた使うこともできて扱いやすい塗料です。

他の材料と混ぜ合わせなくていいので、難しい工程が少ないので失敗が少ないというのも初心者にうれしいポイント。

初めて扱う人でも1液型であれば使いやすいので、かんたんに屋根の塗装をしたいという場合に最適です。

しかし使用できない場所もあるので、使用するときには事前に塗る場所を確認する必要があります。

硬化剤と混ぜ合わせる必要はありませんが、壁に塗るときには水やシンナーを入れて薄めて塗る必要があることを覚えておきましょう。

パーフェクトクーラーベストの価格

引用:http://miwa.hatenadiary.com/entry/2016/12/13/014132

パーフェクトクーラーベストの価格についてご紹介するのでご参考にどうぞ。

日本ペイントのメーカー指定の下塗り塗料を使用して、3回塗りで塗装を行った場合の金額は以下のようになっています。

メーカー設計価格:3,600円/m2

一括見積もりサービス

信頼できる業者を選ぶツールとして一括見積もりサービスがあります。

一括見積もりサービスを使うことで提案される塗料や塗料の単価を比較することができ、それによって適正な価格で塗装が可能。

屋根塗装の一括見積もりサービスでできることには、塗装工事の相談、業者の紹介、見積もりの診断などがあり、塗装のサポートをしてもらえるのです。

例として一括見積もりサービスを一部ご紹介します。

屋根コネクト

屋根コネクトは屋根のリフォームに特化したサービスなので屋根の塗り替えに最適です。

24時間全国で対応していて、突然雨漏りしてしまったというような場合にも24時間対応してくれるので、いざというときにもお願いできるので頼もしいですね。

小さな工事から大きな工事まで幅広く対応しています。

ヌリカエ

ヌリカエは、屋根塗装の見積サイトの中でもとくに人気を集めているサービスで、470万人以上に利用されています。

業者は400社以上と豊富にあり、これらの業者はすべて厳選された業者となっているので安心。

専門のアドバイザーが一人一人に合わせてしっかりサポートしてくれるという丁寧さもあります。

LOHAS studio

LOHAS studioは関東を中心にリノベーションをしていて、「ガイアの夜明け」などテレビでも取り上げられているサービスです。

リノベーションだけでなく、室内のインテリアまでサポートしてもらえるというのが特徴で、LOHAS studioは東京・神奈川・千葉・埼玉と関東に店舗があります。

ハウジングバザール

ハウジングバザールは対応が親身であり、建築業界出身のスタッフがたくさん在籍しています。

登録している業者には厳しい審査基準が用意されていて、掲載するときにしっかりチェックされているので安心です。

塗装の際には信頼できる業者を選ぶ

塗料は業者によって価格が安かったり高かったりといろいろで、良い塗料を使っても、業者によって仕上がりは大きく変わります。

信頼できる業者に頼んで満足のいく塗装をしましょう。

外壁塗料のパーフェクトクーラーベストの仕上げの特徴と知っておきたい全知識

この記事が気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

このページのタイトルとURLをコピー

SNSにシェアして役立つ情報をみんなに広めよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連する人気の記事