1. ホーム
  2. リフォームの記事一覧
  3. リフォームの箇所
  4. 屋根
  5. 外壁(屋根)塗料のサーモアイSiの仕上げの特徴と知っておきたい全知識
2019.05.15
58 views

外壁(屋根)塗料のサーモアイSiの仕上げの特徴と知っておきたい全知識

サーモアイSiは日本ペイントが出している2液弱溶剤シリコン塗料という塗料です。

屋根用の塗料で、優れた遮熱性によって屋根が熱を溜め込むのを抑制できるので、室内を涼しく快適にしてくれます。

シリコン塗料なので性能と価格のバランスが良く、フッ素塗料に次いで耐久性や耐候性、光沢保持性に優れている塗料です。

ここではサーモアイSiについて特徴や性能などをご紹介します。

サーモアイシリーズ

サーモアイSiをはじめ、サーモアイシリーズには複数の種類があるので、合わせてご紹介します。

2液弱溶剤シリコン塗料であるサーモアイSi他に、スレート屋根専用の1液弱溶剤シリコン塗料のサーモアイ1液Si、1液水性シリコン塗料のサーモアイ水性Siとシリコン塗料だけでもたくさん種類がある塗料です。

シリコン塗料の他にランクが違うものもあり、フッ素塗料ではサーモアイ4F、ウレタン塗料では2液弱溶剤のサーモアイUV、1液水性アクリル塗料のサーモアイロードWがあります。

サーモアイSiの塗装

引用:https://www.yanekouji.net/yane-tosou/is-roof-paint-required/

サーモアイSiを塗装できる素材などについてご紹介します。

塗装できる屋根

カラーベスト・スレート屋根・トタン屋根などに使用できます。

塗り替えをする時に適している下塗り塗料は以下の通りです。

コロニアル・カラーベスト・スレート屋根:サーモアイシーラー
金属屋根・トタン屋根:サーモアイプライマー

塗装方法について

塗装する際には主剤と硬化剤を9:1の割合で混合して、よく撹拌してから塗装しましょう。
使用する塗料の量は、1㎡当たりの塗装で、合計で約0.26kgの塗料を使用することになります。

工具は油性刷毛・ウールローラー・エアレススプレーなどを使用することができるので、これらを使って塗装。
塗り重ねる際には1回目に塗った部分がしっかり乾いてから2回目を塗る必要があり、目安として気温23℃で3時間以上乾かします。

高い遮熱効果を得るためには、均一に塗装しなければならないので、ムラができないように均一に塗装する事が大切です。
高い遮熱効果を発揮させたい場合には、DIYなど自分で塗装するのではなく、業者に依頼して塗装を行ってもらうのがおすすめ。

ツヤと色

ツヤの種類は「ツヤ有り」のみありますが、色は40色とカラーバリエーションが豊富にあるので、たくさんある色の中から選ぶことができます。

色の種類はたくさんありますが、色によって遮熱効果に大きな違いがあり、遮熱塗料は淡い色合いであればあるほど日射反射率が高くなるのです。

高い遮熱効果がほしいという場合は、より淡い色を選ぶことをおすすめします。

サーモアイSiの特徴

サーモアイSiは遮熱効果に優れていて、シリコン塗料なので性能と価格のバランスも良い塗料。

サーモアイSiをはじめサーモアイシリーズは、一般住宅やマンションの他にも、ホテル、ビルなどさまざまな建物の塗装や、路面や床面の塗装にも採用されていて、幅広くたくさんの場所で使われています。

遮熱

サーモアイシリーズは、塗膜の反射率を高くなっていることで遮熱効果を発揮する遮熱塗料です。

通常の塗料では、太陽からの紫外線を防ぐことができる性能がないので、紫外線を吸収してしまい、塗膜が劣化してしまったり、室内の温度が上昇してしまうといった問題があります。

サーモアイシリーズのような遮熱塗料で塗装することで、このような問題を改善することが可能。

一般的な遮熱塗料は、中塗りや上塗りのみに遮熱塗料を使うというものでした。

ですがサーモアイシリーズは下塗りにも遮熱塗料で赤外線の反射機能をもっているサーモアイシーラーやサーモアイプライマーを使います。

これによって、サーモアイシリーズは下塗りから上塗りまで遮熱塗料塗料を使って塗装できるので、一般的な遮熱塗料よりも高い遮熱効果を発揮。

下塗りには高い反射率のシーラーやプライマーを塗装して、中塗りと上塗りの塗装工程にでは反射できなかった赤外線を吸収させずにシャットアウトすることができるので、ダブル効果で塗膜に熱を吸収させない作りになっているのです。

屋根に使うことで屋根裏の温度を下げることができるので、暑い夏も快適な温度で過ごせるようになります。

サーモアイシリーズを使った人からの声でも、ロフトや屋根裏部屋などがあるお家では、温度の変化が実感できるくらい「温度が下がった」と言っている人もいます。

とくに鋼鈑屋根の場合は、多くの人が室内の温度が下がったことが実感できているようです。

このような遮熱効果によって、夏も室内を涼しくすることができるのでエアコンの利用も抑えることができて電気代の削減につながり省エネになります。

反射効果によってCO2排出量を削減することができるので、ヒートアイランド効果などを防ぐことができ、地球温暖化対策にも貢献することができますね。

サーモアイシリーズは、長時間にわたってこのような遮熱性能を発揮することができる遮熱塗料となっています。

シリコン塗料

シリコン塗料は、主成分である合成樹脂がシリコン系樹脂でできている塗料のことです。シリコン樹脂とはケイ素を核としたシロキサン結合を持つ無機化合物で、とても安定している性質をもっているのが特徴。

シリコンとは、ケイ素を含む化学反応によって作られた人工の加工物のことを指しています。

耐久性とコストのバランスが良い

シリコン塗料は性能と価格のバランスの良い塗料です。

シリコン塗料の耐用年数は10~13年とされていて、ほかの塗料の平均的な耐用年数に比べて長くなっているので、塗装した後のきれいな外観を長期間しっかり維持します。

耐久性のランキングで見てみると、フッ素塗料>シリコン塗料>ウレタン塗料>アクリル塗料という順番。

最高ランクの耐久性をもっているフッ素塗料よりは下になっていますが、アクリル塗料やウレタン塗料よりは上という位置づけなので、耐用年数もフッ素塗料よりは短く、アクリル塗料やウレタン塗料よりは長くなっています。

たくさんある塗料の中でアクリル塗料やウレタン塗料に次いで3番目に安い塗料となっているのがシリコン塗料です。

そしてウレタン塗料に比べて1.5倍くらい長持ちするという耐久性をもっています。

性能もしっかり備わっていて、シリコン塗料はコストパフォーマンスの面で優れた塗料です。

アクリルやウレタン系塗料に比べると価格は高いですが、優れた耐久性や性能をもっている点を考えるとコストパフォーマンスの良い塗料なので、光触媒のような特別な機能を求めない場合には十分な塗料。

汚れに強い

塗膜が親水性という性能に優れていて水になじみやすいという特徴をもっているので、汚れが付いても雨水によってかんたんに落とすことができるのです。

汚れが付着しにくくなっていて、さらに汚れが付着してしまった場合にも雨による「セルフクリーニング効果」によって汚れと塗膜の間に水が入り込むので、雨水といっしょにかんたんに汚れを洗い流してくれます。

汚れがこびりついてしまうと、すじ状に黒ずんで跡がついて「雨すじ汚れ」になってしまって汚れが残ってしまうことがありますが、このような汚れも防いでお家の外観をきれいな状態にできますね。

雨が降るだけで屋根が自分できれいになってくれるので、何もしなくてもかんたんにきれいなお家をキープすることができるので、手入れの手軽さでも優れています。

弱溶剤塗料

引用:https://kabilabo.com/mold-and-paint

サーモアイSiは弱溶剤なので性能が高く有害物質も少なめな塗料です。

サーモアイSiの安全性を表しているFスターは「F☆☆☆☆」となっていて、鉛などの重金属、ホルムアルデヒドやクロルピリホスなどの有害なものが配合されていません。

サーモアイSiは油性塗料で、その中でも弱溶剤という部類に属している塗料です。

塗料は水性塗料と油性塗料に分けられます。

屋根を塗装する塗料は、塗料を液体で溶かしてから壁に塗りますが、このときに水で塗料を溶かすのが水性塗料、シンナーなどの溶剤で溶かすのが油性塗料です。

油性塗料はさらに2つの種類に分かれて、強溶剤と弱溶剤があります。

強溶剤はアクリルシンナー、ラッカーシンナー、ウレタンシンナーといった溶かす力がとくに強いシンナーを使って塗る塗料です。

これに対して弱溶剤塗料は、人や環境への悪影響を減らすことを考えた塗料となっています。
刺激の少ないシンナーが使われているので、人の体や環境への害が少なくなっているのです。

サーモアイSiが属している弱溶剤系の塗料は、水性塗料と、油性塗料の強溶剤の中間である塗料。

人や環境への害は水性塗料ほど安全ではありませんが、強溶剤に比べると害が少なく安全な塗料なので、性能も安全性もほしいという人に最適な塗料ですね。

2液型塗料

サーモアイSiは2液型塗料で、2液型塗料とは塗料を塗る時に2つの液を決められた割合で混ぜ合わせて塗る塗料のことです。

2液型の塗料は、さまざまな素材に対応できるので、塗装することができる範囲が広くなっているので便利に使えるというのが特徴となっています。

塗料の耐久性も高くなっているので塗料がはがれにくく、丈夫な屋根に仕上げることができるというのもメリットです。

デメリットとしてあげられるのは、塗装する直前に混ぜ合わせる必要があり、混ぜ合わせたらすぐに使わなければならないので、手間がかかって面倒という点。

混ぜ合わせる際には分量などにも注意する必要があり、1液型の塗料に比べると塗装するのが難しい塗料となっています。

性能が高い分1液型の塗料に比べて手間がかかり高価格な塗料でもあるので、楽さよりも品質を重視したい、という人に向いていますね。

サーモアイSiの口コミ

実際にサーモアイSiを使用した業者からの口コミをご紹介します。

「今まで使用した塗料の中で一番いい塗料だと思っています。」

「コスト的に魅力的です。シリコン塗料ならこの程度で良いと思います。」

「現在主流である塗料の中の1つで、10年くらいの耐久性は十分にある塗料です。」

「日本ペイントが出している商品で、もっとも人気のある商品となっているので信頼できます。」

サーモアイSiの価格

日本ペイントのサイトに掲載されている価格は以下のようになっています。
実際に塗装をする際には、サーモアイシーラーなどを使った3回塗りの合計単価で2,600~3,000円/m2あたりです。

スレート屋根
3回塗り:3,720/m2

平滑(鋼板屋根)
3回塗り:3,760/m2

一括見積もりサービス

引用:https://sheeptg.com/1934.html

信頼できる業者を選ぶツールとして一括見積もりサービスがあります。

一括見積もりサービスを使って、提案される塗料や塗料の単価を比較することができるので、適正な価格でしっかりとした塗装をするために役立てることができるのです。

屋根塗装の一括見積もりサービスでできることには、塗装工事の相談、業者の紹介、見積もりの診断があります。

例として、一括見積もりサービスを一部ご紹介するのでご参考にどうぞ。

屋根コネクト

屋根コネクトは屋根のリフォームに特化したサービスなので屋根の塗り替えにぴったりです。

24時間全国で対応していて、突然雨漏りしてしまったというような場合にも24時間対応してくれるので頼もしいですね。

小さな工事から大きな工事まで幅広く対応しています。

リクラシ

リクラシでは、規定の審査が用意されていて、それを通過した優良企業のみを紹介しているので質の良い業者に塗装を依頼することができるサービスです。

規定というのは、「一級塗装技術資格を持っている」「自社で施工管理を行っている」といった内容の規定となっています。

塗装の相場の確認、見積もり比較、業者の紹介といったサービスはすべて無料となっているのもお得でうれしいポイントですね。

LOHAS studio

LOHAS studioは関東を中心にリノベーションをしているサービスで、「ガイアの夜明け」といったテレビ番組でも取り上げられています。

お家の塗装などのリノベーションだけにとどまらず、室内のインテリアまで幅広くサポートしてもらえるというのが特徴。

LOHAS studioは東京・神奈川・千葉・埼玉にあります。

ヌリカエ

ヌリカエは、屋根塗装の見積サイトの中でもとくに人気を集めていて、470万人以上とたくさんの人に利用されているサービスです。

業者は400社以上と豊富にあり、すべて厳選された業者となっていて、専門のアドバイザーが一人一人に合わせてしっかりサポートしてくれるので安心。

塗装の際には信頼できる業者を選ぶ

塗料は同じ塗料であっても業者によって価格が安かったり高かったりといろいろなので、比較検討することでお得に塗装をすることができます。
ですが安すぎるところには悪質な業者もいるので、適正価格や相場を参考にして選ぶことが大切。

良い塗料を使っても業者によって仕上がりは大きく変わるので、比較検討して信頼できる業者に頼んで満足のいく塗装をしましょう。

外壁(屋根)塗料のサーモアイSiの仕上げの特徴と知っておきたい全知識

この記事が気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

このページのタイトルとURLをコピー

SNSにシェアして役立つ情報をみんなに広めよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連する人気の記事